FC2ブログ
 
菊様、インタビュー
MSN産経ニュース

来月、松竹座で玉様と共演する菊様のインタビューです。

記事より引用
「玉三郎のお兄さんのおかげで踊りの掘り下げ方を勉強させていただきました。踊りって当て振りの部分もあれば、言葉がない分飛躍するところもある。でもなによりも心で踊らないと何も伝わらないことも改めて実感しました」

「でも僕自身はいっぱいいっぱいでした。玉三郎のお兄さんは『私はどうとでも受けてあげるから好きなように踊りなさい』とおっしゃってくださいましたが、合わせなければとガチガチになっちゃって…」。2年後の再演では、新たに小鼓と演者の一騎打ちともいえる至難の乱拍子が加わった。「でも今度はお兄さんとどこかつながっているような感じを持つことができました。僕もこの間いろいろ経験しましたし…」と語るように、自身も深く花子を掘り下げ、精神的に自由に踊ることができたのであろう。


残念ながら、千穐楽しか行けませんが楽しみです!!

坂東玉三郎特別舞踊公演は2月5日から26日までです。

スポンサーサイト



ミンミン
歌舞伎記事
0

蓮絲恋慕曼荼羅(はすのいとこいのまんだら)@毎日新聞
今日(20日)の毎日新聞に、蓮絲恋慕曼荼羅(はすのいとこいのまんだら)の記事がありました。

内容はweb版と一緒。
新聞には写真有り。

MSN-Mainichi
ミンミン
歌舞伎記事
0

伝統芸 歌舞伎
昨年3月から読売新聞で連載している「伝統芸」というコラムをまとめた小冊子「伝統芸・歌舞伎」(A4判オールカラー、28ページ)が届きました。

希望者は、〒住所、氏名を書いた返信封筒用ラベル(メモ用紙)と180円分返信用切手(1冊分送料)を同封して、
〒530-8551(住所不要)
読売新聞大阪本社広報宣伝部「伝統芸・歌舞伎」係 まで。


表紙は中村吉右衛門さんの「勧進帳」の弁慶。
玉様の写真はありませんが、お正月に掲載された、観世清和さんとの新春対談が掲載されています。

今年は元旦から「玉様」だったんだな~。。。

「アマテラス」放送!!
録画(SPモード)を忘れずに~!!!
ミンミン
歌舞伎記事
0

「女形はいや」
読売新聞で連載されている、中村吉右衛門さんの「時代の証言者」ですが面白いですね~。
子供の時のお写真もとても可愛らしい~。
連載5回目の記事ではそのお写真も、女形をされているお写真なんですが、ご本人は「女形はいや」だったそうです。
それも、、、相当「いや」だったみたい(笑)

*「おんなおとこ」と学校でからかわれる。
*勘三郎のおじさんに、「しなも作らずにお姫様が出てきやがった」と言われる。
*中1でもある程度背が大きかったので、わりと早くに大人の役に出された。大人の役だからしなを作らなければならない。
それをやれというから、いやでいやで

とにかく、いやいややっていたそうです(笑)


 more...

ミンミン
歌舞伎記事
14

片岡仁左衛門丈、紫綬褒章受賞!
片岡仁左衛門丈、紫綬褒章受賞!おめでとうございます~~

受賞の発表をうけて、
「今でも信じられない」と素直な気持ちを語り、「内示の電話をもらったときに、もしかしたら“振り込め詐欺”じゃないかなと思った」と報道陣を笑わせた。

そうです

お茶目!仁左衛門さん!!

益々のご活躍を。

記事はコチラ

ミンミン
歌舞伎記事
0

澤瀉屋記事が二つ
本日の読売新聞に「澤瀉屋」の記事が二つ掲載されていました。

一つは、ただ今上演中である、スーパー喜劇「狸御殿」の記事。
「荒唐無稽な設定うまく定着」という見出しの記事で、
かなり好意的な内容です。
白黒の写真が使われていますが、きぬた姫(藤山直美さん)と雅楽平(市川猿弥さん)の『二人中乗り』の写真です。

楽しそう!!
確か、違う新聞では、右近さんと直美さんのカップルを
「きついカップル」と紹介されていました(笑)

我らが春猿さんの事は、
「織部の守り役の娘・九重役の市川春猿が"正統派"女形を貫き」と紹介。
チラシ通りの綺麗で可憐な春猿さんに期待大!です。


もう一つの記事は、梅原猛さん執筆の「時代の証言者」
スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」がどういう経緯で作られたかのお話しです。
今年5月に大阪で「ヤマトタケル」を観ましたが、その舞台の根っこのお話しを読めて嬉しかったです。

しかし、、、あの「ヤマトタケル」は猿之助丈に乗せられてを書き上げたんですね!
また機会があったら観てみたいな~。
ミンミン
歌舞伎記事
0 0

| HOME |