FC2ブログ
 
「七月大歌舞伎」千穐楽
「七月大歌舞伎」が千穐楽を迎えます。
あっという間でした。

仕事中でもお休みの日でも、時計を見ると、
「あ、、、今頃は『海神別荘』の上演時間だな~」とか、
「今日の『天守物語』はどうだったんだろうな~、観たい~~!」
なんて思っていました。

いつもコメントを下さる方々も、思う存分「七月大歌舞伎」を楽しまれたそうですし、新たにコメントを下さった方々からも、舞台の感想を教えていただけて大変嬉しかったです

玉様は8月はお休みですね。
今年は1月から、大阪松竹座、歌舞伎座、舞踊公演、言の葉コンサート、アマテラス、歌舞伎座・・・と殆どお休み無く活動されてきました。凄い事ですよね~!
十分にお休みを取って、次も素晴らしい舞台を見せて下さる事でしょう。
次に玉様に会えるのは10月かな~~??


今回、大役を演じた春猿さんですが、千穐楽翌日には、
十月花形歌舞伎「通し狂言 染模様恩愛御書~細川の男敵討~」製作発表に出席されるそうです。
出席:市川染五郎、片岡愛之助、市川猿弥、市川春猿、市川段治郎、他、東京會舘。

大変だな~~



スポンサーサイト



ミンミン
七月大歌舞伎
9

七月大歌舞伎 番外編「カーテンコールの出来事?」
みるくさんのコメントで思い出した事。。。

初日「天守物語」のクライマックスで、玉様、海老さんが寄り添って立っていらっしゃる時に、
玉様の右目の下に何か付いているように見えました。
咄嗟に「あ!!目の下を切った!?!?」と思うような、赤黒いようなモノが付いていたんです!
「紙吹雪を使う演出でも無かったし、どうしたんだろ~~」
と思っていると幕が下りてきました。
鳴り止まない拍手
「もしかして~~ワクワク
と思っていると幕が上がりました。
直ぐに玉様の顔をみると、、、先程まであった目の下のモノが無かったんです。
「あ~~~~海老さんが取ってあげたんだな~~」と一人ニヤニヤ~としましたとさ~。
ミンミン
七月大歌舞伎
0

七月大歌舞伎 舞台写真発売開始
今週末「七月大歌舞伎」を観劇に行ってらっしゃる百合さん情報です。

16日の夜の部休憩時から玉様の写真だけ、20枚程先行発売開始だそうです。
水曜日には他の役者さんの写真が、海老さんだけはもう少し先になる予定。
「海老玉写真」はもう少し待たなくてはいけないそうです。
私は初日、二日目に行きましたので写真を手に入れることは出来ませんでした
あったら、あったで、、、大量に買ってしまいそうですが。。。

百合さん、情報ありがとうございます!
また、玉様に会える日が待ち遠しいですね。
ミンミン
七月大歌舞伎
11

七月大歌舞伎 番外編
「七月大歌舞伎」感想他の回         


あれこれ思い出した事を。。。

初日夜の部。私の四つ隣の席にいた外人の男性。
「天守物語」が大層気に入ったのか、時々声を上げて笑っていました。
当然、イヤホンガイドを聴いているのかと思っていましたが、
二度のカーテンコールを終えて席を立った時に、隣の女性と話をしているのが耳に入ってきました。
流暢な日本語で女性と話をされていたのですが、、、
「海老蔵は素晴らしいね~~。」
「実は僕、この作品を翻訳して出版した事があるんですよ。」

多分、私など足元にも及ばないほど、歌舞伎や古典に詳しい方だったのかもしれません。
凄いな~~!


初日夜の部のカーテンコール。
その外人の方の隣に座っていた女性が、二度のカーテンコールが終わって席を立った時に一言。
「今まで何度も歌舞伎座に通っているけれど、こんな事初めてよ!!」と興奮しきった様子でした。
やはりそうなの?
いい時に来たのね!やった~~~!


幕間45分。
松竹座の幕間は30分。いつもあわてて食事をするのですが、
歌舞伎座は45分なんですね?
ゆっくり食事も出来るし、館内の散策もできました。
ただ皆さんに教えていただいた食事所には行く事が出来ませんでした
次回は必ず行ってみたいと思います。


お土産。
初日、二日目だったので当然舞台写真はありませんでした。
いつもは千穐楽近くに行って必ず舞台写真を買っていたので、
それが叶わなくて残念
「天守物語」のビデオを売っていたので、買おうか随分悩みましたが、
一度のチケット代と同じくらいの値段がするので今回は断念。
その代わりに何故か買いそびれていた、「伊勢音頭恋寝刀」を購入。
初日に見たときは買うつもりもなかった、玉様の手ぬぐいも購入
友人達には「七月大歌舞伎」と書かれたチョコレートを購入。
買った後で、「夏なのに~~溶けるやんか~~」と思いましたが時既に遅し。。。ま、いいか!


二日目夜の部終了後。
「あ~~~~終わってしまった~」と、最後にもう一度「青獅子」を見上げて玄関を出ると、見覚えのある女性が。。。
なんと「アマテラス」に出演されていた、鼓童の堀つばささんでした!
周りの方で気が付いている人はいませんでしたが、一目見て気がつきました。
細いんだけど、凄くスタイルが良くて、ほぼノーメークだったと思うのですが、綺麗な女性でした!!
今は、佐渡ではなくて東京にいらっしゃるのか?
それとも舞台を観に東京にいらっしゃったのかしら?
お一人だったので声を掛けようかな~~と逡巡しましたが、何と言っていいのか分からず、そのまま歌舞伎座をあとにしました。


今回の東京行きは、歌舞伎観劇ともう一つ他の予定がありました。
歌舞伎とは180度違うのですが、、、中華明星「ヴァネス・ウー」の単独コンサートを観に国際フォーラムに出掛けてきました。
コンサートには職場の同僚二人も参加するので、当日会場で待ち合わせをしました。(結局会えたのはコンサート終了後でしたが)
今回の歌舞伎座観劇で「玉様病」が悪化したので、コンサートを楽しめるのか?と心配していましたが、
最後に、パーーーーッと盛り上がる事ができてかえって良かったです
あのまま、「帰りたくないよ~~」なんて思いで新幹線に乗っていたら落ち込むばかりだったかもしれません。
コンサートとしてはまだまだ稚拙な感じでしたが、会場が一つになってヴァネスを応援する姿や、大音量で音楽を聴き、飛び跳ねる事で、
「よし!!また来るぞ」と思いを新たにしました。
予定を組んだ時には、
「歌舞伎観て、次は中華コンサートか~~~」と自分でも呆れましたが、思いのほか良かったです。


そして、、、一つご提案



 more...

ミンミン
七月大歌舞伎
8

七月大歌舞伎 7 「これにて終了」
「七月大歌舞伎」感想他の回       番外編



昼の部が終わって、「後は夜の部を残すだけ・・・」と思ったら、
途端に悲しくなってきて、歌舞伎座の回りを散策する予定だったのですが、急遽ホテルに戻り部屋でボーーーっとしていました。
まだ夜の部を残しているのに、
「どうして楽しい事はこんなに早く過ぎてしまうの~~」
という思いが強くて。。。

そこで夜の部のチケットを取り出して見てみると。。。


「あれ~~~~~?????夜の部は二階席じゃない!!」


大チョンボです
てっきり一階席だとばかり思っていたのに、よく見ると(今頃~)二階席だったのです。
ガガガーーーーン!!!
自分の抜けっぷりにあきれてしまいました。



最後の「天守物語」
二階席でしたが、目幅と舞台幅が丁度よく、一階席からは見えなかったものが見えて、かえって全体を見渡す事ができました。
初めて同じ演目を二度観ましたが、つくずく「舞台はナマモノだな~」と感じました。
前日には笑いがおきた場面が、今日はおきなかったり。
玉様が少し声を出すのを苦労されているな~と感じたり。。。(ちょっと掠れていたように思いました。心配)


今回の「初歌舞伎座体験」は私にとって、とても貴重な体験でした。
思い切って来て良かった。
東京に住んでいらっしゃる方には分からないでしょうね~。
なんたって、家の玄関から東京駅まで4時間半以上掛かるのです!
でもそれだけに、まる一日歌舞伎座にいられる幸福感、
玉様が見せてくれる夢のような時間を心から堪能いたしました。
また来ます。
もしかしたら10月に・・・なんて話題も出ていますし
もう東京駅で迷子になる事もないでしょうし(爆)

これから観劇なさる皆様!
玉様念願の「鏡花ワールド」を楽しんでください!!
ミンミン
七月大歌舞伎
0

七月大歌舞伎 6 「海神別荘」
「七月大歌舞伎」感想他の回       番外編



携帯からもアップしましたが、やはり詳しく書くのは控えます。
むしろ、前回の舞台をご覧になった方に、今回の舞台との違いを教えていただきたいです。

舞台美術を担当したのは、夢枕獏さんを「玉様の追っかけ」に引きずり込んだ、天野喜孝さんなんですよね!
とにかく舞台美術が、「ここは歌舞伎座??」と思うような感じでした。
スクリーンを使った演出も綺麗でした
玉様の衣裳も「アマテラス」を思い起こさせる感じでしたし、海老さまが!!カッチョイイ!!のです。

これからご覧になる方、目を潰されませんように~


幕が下りてからも拍手が鳴り止まず、前日の夜の部に引き続いて、またカーテンコールがありました。
今回は1度だけでしたが、あの衣裳を着た玉様と海老さんの優雅なお姿は今も目に焼きついています~
ミンミン
七月大歌舞伎
0

七月大歌舞伎 5 「夜叉ケ池」
「七月大歌舞伎」感想他の回       番外編


春猿さんが大抜擢された「夜叉ケ池」
大役ですよね。
春猿さん素敵でした。
段治郎さんとのツーショットも、もうゴールデンコンビといった感じで。
お二人とも身長があるので舞台に栄えるのです。

隣にいた男性が、舞台が進むにしたがってドンドン前のめりになっていくのですが、終わった途端、一緒に来ていた人に
「俺、途中から白雪姫になってたよ!」と言ってました(爆)

夜叉ケ池にある県に住んでいますし、夜叉ケ池のある山にも登った事があるので(夜叉ケ池は本当に幻想的な池なんですよ!)、この演目は嬉しかったです。

春猿さん、今後の舞台も頑張ってください!!
ミンミン
七月大歌舞伎
1

七月大歌舞伎 4 「天守物語」
「七月大歌舞伎」感想他の回       番外編


いよいよです~~!

「山吹」が地味だっただけに、この「天守物語」が始まる前の劇場内の雰囲気は一種独特だったように思います(私自身がそうだったのかも

女の童の「此処は何処の細道じゃ、細道じゃ、」で始まる舞台を観ながら、4月に大阪で聴いた「言の葉コンサート」での玉様の歌を一瞬思い出しました。
今回、初めて「天守物語」の舞台を観ましたが、泉鏡花の台詞の妙に嵌ってしまいました。
「言の葉コンサート」の前に始めて「天守物語」を読んだのですが、
玉様の朗読で一度自分の中に「天守物語」を取り入れて、
今回、舞台を観た事でより鏡花の世界が自分の中に染み入ったように感じました。
あの「言の葉コンサート」を聴いておいて良かったな~と実感しました。

さて、奥女中の薄や、侍女達の台詞も楽しくてお客さんの反応もちょっと驚くぐらいでした。
いよいよ、「玉富姫様」の登場です。
スーーーっと上手から笠で顔を隠して登場。

「出迎えかい、御苦労だね。」

嬉しかった~~!!

玉様の表情がね~。とっても嬉しそうに見えました。
薄に「まあ、御前様、あんなものを召しまして。」に続いて、

「似合ったかい。」

で、お客さんの心を鷲掴み!
あまりの反応のよさに、「え??ここは笑うところなの~?」と思う所も多々ありましたが、それだけこの舞台を楽しみにしていたのではないでしょうか?

春猿さんの亀姫も綺麗でね~。
玉様との並びは豪華でしたよ!
お二人のやり取り

亀姫「お姉様は、私がお可愛うございましょう。」
富姫「否、お憎らしい。」
亀姫「御勝手」
富姫「やっぱりお可愛い」


完全に私の口は開いてました(爆)

亀姫が猪苗代に帰ってからは一転、舞台も暗くなり、
海老さん演じる図書之助が奈落から登場。
私にとって「初海老さん」でした。
薄暗い照明なのに、顔立ちが派手なので、舞台に映える!映える!!
台詞も凛としているんですね~。
富姫の「すずしい言葉だね。」という台詞そのままでした。

ただ、前にも書きましたが、お客さんの反応が想像以上に良くて、
「ここは??」という所で、しばしば笑いが起こる場面がありました。
舞台の上の玉様達はどう思ったのかしら?

でもそれ以上に、玉様と海老さんのお二人が舞台に立っているというのは、何とも豪華で贅沢なものなのですね~。
綺麗なんてもんじゃなかったです

見えなくなってしまった目を桃六に開けてもらい、二人が寄り添っているところなんて!!!!
もう一度観たいな~。


幕が下りてからもお客さんの拍手が鳴り止まず、
何とカーテンコールがありました。
それも二度!!
歌舞伎座でのカーテンコールは殆ど無いと聞いていたので、ビックリしてしまいました。
それも二度もでしたから!
「アマテラス」の時と違って、玉様の表情はちょっと硬かったように思いました。
まだ、「富姫」が身体の中に残ったままだったのでしょうか?
二度目のカーテンコールの時は、海老さんと手を繋ぎ、玉様が膝を折って客席に会釈をして幕。

感無量。

こんなに楽しい芝居だったとは~~!
「天守物語」大好きです!!



二日目の夜の部では、幕が下りてすぐに場内の照明が付いてしまったのでカーテンコールはありませんでした。

ミンミン
七月大歌舞伎
4

七月大歌舞伎 3 「山吹」
「七月大歌舞伎」感想他の回       番外編


観劇後、携帯からもアップしましたが、
今回の初歌舞伎座の初演目が「山吹」でした。

歌六さん、段治郎さん、笑三郎さんのほぼ三人だけの舞台。
台詞で見せる舞台なのでかなり地味な印象を受けましたが、
笑三郎さんが大熱演&綺麗でした。
1月の松竹座での舞台を観たときも思いましたが、
笑三郎さんてなぜか安心して観ていられるんですよね。
台詞も聞き取りやすかったし、ほっそりしていて綺麗でした。

こちら側とあちら側の境界線の上に立っている縫子。
玉様も「私がこれをやりたいわ~」と言ってらしたとか。
玉様でも観たいな~。
ミンミン
七月大歌舞伎
0

七月大歌舞伎 2 「いざ!歌舞伎座内へ」
「七月大歌舞伎」感想他の回       番外編


ホテルに荷物を置き、4時前に歌舞伎座到着。
もうかなりの人が歌舞伎座前にいらっしゃいました。
どこだかのTVカメラも来ていましたよ。

中に入ってからイヤホンガイドを借りようかと思いましたが、
外でも借りられるのですね。
「中では混み合いますから~」という歌舞伎座の方の説明を聞き、
外でイヤホンガイドを借りて、いよいよ~~歌舞伎座内へ!

今「古典芸能図鑑」の『歌舞伎座』の回を見ながらアップしてます。

入ってすぐ「古典芸能図鑑」で玉様が立っていた位置を確認。
感慨無量でした。
写真入りのパンフレットを、後日取り寄せようかとも思いましたが、
初めて玉様の舞台を観た時から、劇場に入ったらまずパンフレットを買う事にしているので、今回も売り場で購入してから館内を散策しました。
売店を一回りしてから、2階のロビーに上がる階段の踊り場にある
「青獅子」を見上げました。
立ち止まる人は殆どいらっしゃいませんでしたが、今回、何度か「青獅子」の前でこの絵を見上げてきました。

沢山のお客さんで賑わうロビーを縫って劇場内へ。
まず横幅のある舞台を観てビックリ!
「大きいな~~~」
そして、
「いよいよだ~~~!」 



ミンミン
七月大歌舞伎
0

七月大歌舞伎 1 「やっぱり迷うのね」
「七月大歌舞伎」感想他の回       番外編


念願だった、、、というか、
「歌舞伎座には行かない。一度行くとこれからが大変」と、自分を抑えていた「歌舞伎座行き」ですが、演目が発表された途端、
「これに行かなくてどうする~~!」と決心したのが4月末。

あっ!という間の2ヶ月でした(時の過ぎるのが早すぎる~~っ
6月の「アマテラス千穐楽」から約2週間。
コメントを下さる皆さんに、歌舞伎座周辺のお勧め店を教えて頂いたり、
職場の同僚に「コレ詳しいから持っていきな」と東京の地図を渡されたりと、準備万端整えての東京行きとなりました。

あ~~~~それなのにぃ~。
東京駅構内で迷う事40分!!
詳しくは書けません、恥ずかしくて
「このまま、東京駅から出られないんだ~私は。。。」
とかなり焦りましたが、JR職員の方々の親切によってようやく東京駅を脱出できましたとさ

方向音痴・・・コレは病気ですね。
東西南北を確認する時、いつも私の頭の中では
「西から上ったお日様が~~東へ沈む~~♪」
とバカボン状態になっているくらいですから

ようやく地下鉄に乗って東銀座に到着。
地下から地上に出た途端、目の前に「歌舞伎座」が!!
「あ~~~~コレか~~!!」と、暫く歌舞伎座を見上げてしまいました。
もう数時間後にはこの中で、「アマテラス」以来の玉様との再会です。
思い切って来て良かった~~!と思った瞬間でした。

ミンミン
七月大歌舞伎
0

| HOME |