FC2ブログ
 
過去記事 中村勘三郎襲名披露公演「口上」
「口上」
歌舞伎・浄瑠璃などの興行で、役者または興行主が出演者の紹介や挨拶などを舞台上から述べること。現在は、初舞台・襲名披露・追善興行などの際、よく行われる。。
                         三省堂提供「大辞林 第二版」より

心温まる「口上」を聞きましたのでご紹介。

3月12日(土)NHK BS-2
「待ってました!中村屋!十八代目中村勘三郎ここに誕生“口上”」より

私は坂東玉三郎さんのファンですので、今回の劇場中継は唯ひたすら玉三郎さんの「口上」を楽しみにしていました。
若いときから大変仲が良かったお二人。
ユーモアも交えた心温まる「口上」です。

********************

坂東玉三郎にございまする。
この度の御襲名まことにおめでとうぞんじまする。
新勘三郎さんのお父様、十七代目の中村屋のおじ様と私の父とは、大変仲良しでございまして舞台に対する教えもよく似ていたと思います。

新勘三郎さんが勘九郎だった時代、二十歳代だったと思いますが
私に「兄さん、僕は一生勘九郎で行くからね」ってお話ししていたんです。
私も「じゃあ自分も玉三郎でいくから」って言っておりました。
そうしましたら三年程前に
「兄さん、僕十八代目を名のる事になったんだ」というご報告を受けました。
いよいよ本当にそういう時がやってきたんだなと感慨無量でございました。

「おめでとう」と言いたかったんですけれども、ちょっとその前に冗談でなじってやろうと思いまして。。。
   
ここでカメラは俯いて「ニヤリ」と笑っている勘三郎さんの姿を写しています。

「どうしちゃったの?勘九郎から勘三郎になるなんて六つも数が減るじゃない」と言ったんでございます。
そうしましたら、勘三郎さんちょっと詰まって
「でも、三郎が一緒になるからいいでしょ」
って言ってくれたんでございます。

ここでお客さんから盛大な拍手!

もう、新勘三郎さんにはますます素晴らしい未来の歌舞伎を創ってくださる事を、私夢みている次第でございます。
十八代目はもとより二人のご子息様、御一門の方々いずれも様には、
益々ご贔屓、お引き立ての程を、不肖私よりもひとえにお願い申し上げ奉りまする。

********************

「口上」のなかでも一番お客様に喜ばれていたように思います(贔屓目か?)

去年の市川海老蔵襲名披露公演では、勘九郎さん(当時)の「口上」がとても良く、一緒に舞台に上がっていた玉三郎さんが感動して思わず顔を上げてしまった。。。という事があったそうです。(「口上」の最中はずっと頭を下げているみたいです


*この記事は他のブログで書いた記事です。
スポンサーサイト



ミンミン
玉三郎
0 0

坂東玉三郎、、、という人
まったくの歌舞伎素人ですが、昨年のお正月にNHKハイビジョンで放送された、
「坂東玉三郎の古典芸能図鑑」を見て、玉三郎丈の魅力に完全に参ってしまいました。

玉三郎丈について書いていけたらなと思っております。

玉三郎丈について、色々教えて頂ければ幸いです。
ミンミン
玉三郎
0 0

| HOME |