FC2ブログ
 
摩多羅神の贅
本の紹介。

03040961.jpg



玉三郎さんについて書かれた著書は数あれど、
この本を手に取ったときは、少し驚きました。

この著書を読むまで、玉三郎さんと夢枕獏さんがこんなにお仕事で、近しい関係だとは思っていませんでした。

しかし、「坂東玉三郎舞踏集 3」に収録されている
「楊貴妃」は夢枕獏さんの書き下ろし作品なのですね。
う~~ん、、、勉強不足でした。

この著書では、玉三郎さんとの出会いから、「三國傳來玄象譚」の事、
「楊貴妃」のこと、玉三郎さんの舞台の事など、、、
かなり「熱く」書かれています。

この本のカバーの絵を手がけた天野喜孝さんと、
玉三郎さんの「おっかけ」もしているそうです(笑)



玉三郎さんの事って、何故か「熱く」語りたくなるんですよね。



スポンサーサイト



ミンミン
歌舞伎本
0

桜姫
本の紹介。

02001423.jpg


「桜姫」近藤史恵/著

内容。TRCより引用
歌舞伎役者の跡取として期待されていた兄・音也を絞め殺す夢に苦しめられる妹・笙子。成長した笙子の前に、音也の親友だったという若手歌舞伎役者・市川銀京が現れるが…。書き下ろし歌舞伎ミステリ。

著者の近藤史恵さんは、以前にも歌舞伎の世界を舞台にした
「二人道成寺」を上梓されています。

桜姫と言えば、玉三郎さん。
昨年の夏には、猿之助さんの病気療養を受け、澤瀉屋の皆さんと歌舞伎座で「桜姫東文章」の公演がありましたね。

み、観たかった~~。
記者会見の映像はお宝として持っていますが、
舞台のソフト化はしないのでしょうか?
市川段治郎丈との共演のでもいいけど、
やはり仁左衛門さんとの「桜姫」が観たい!!
ミンミン
歌舞伎本
2

| HOME |