FC2ブログ
 
「玉三郎ワールドへのいざない」@京都宝ケ池プリンスホテル 2
ものすごい方向音痴だということは、何度かブログでも書いていて恥をさらしているわけですが・・・
京都には何度も来ているのに、なぜか地下鉄乗り場に「素直に」到着した事のない私・・・
今回念願のトークショーに参加できるのに、そんな事態になって遅刻するなんて事になってはイカン!と、いつも以上に気を引き締めて駅構内を軽くウロウロ~。
今までで一番「素直に」地下鉄乗り場に到着しました。
かなり早めの電車に乗ったので、京都駅周辺を少し散策しようかしらん?なんて思っていたのですが、路線図をみると下車する「国際会館駅」は終点になっているじゃないですか!
「アカン!アカン!!このまま直行や」と、直ぐに電車に飛び乗りました。
込み合っていた車内も終点に近づくごとにお客さんの数も減り、同じ車両にいた人を眺めると、一人、二人と着物を着たご婦人が目立ってきました。

「このお着物のご婦人達は、玉様のトークショーに行く人なのね!?」

私なんかが行っていいのかしら・・・?
全員お着物のご婦人ばかりだったりして・・・?
と「初トークショー参加」に、胃キリキリ、心臓バクバク、に続き、腰が引けた状態に・・・。

「終点です~」というアナウンスに引っ張られるように電車を降りて通路を歩いていると、同じ車両にいたお着物のご婦人に、
「宝ケ池プリンスホテルって知ってはる?」と声を掛けられました。
「あ、、、私も同じ所に行くんですよ。ご一緒しましょう」と、方向音痴の私が一緒にホテルに向かう事に!!(今思うと無茶です。ちゃんと到着したからいいものの・・・)

その方は、10年以上前から玉様の舞台をご覧になっているそうですが、話しを聞くと海老蔵さんのファンらしく
「襲名の時に観たけど、それは綺麗やったで~~」と嬉しそうに話していらっしゃいました。
公演に出かけた時などに、隣に座った方とお話しをする事があるのですが、同じ趣味の人とは初対面でも話しが弾みますよね~。

無事ホテルに到着し、そのご婦人とは挨拶をして別れ、友人と待ち合わせをして会場内へ。

まずは【豪華ランチ】
赤座エビの湯葉巻フライ 
トマトのムースカナッペ添えカリカリポテト添え 
生ハムメロン、
気仙沼産ホタテ貝入り ニンジンのクリームスープ 
オレンジの香り、
国産牛フィレ肉のローティ 京野菜添えトリュフ風味ソース、
チョコレートムース マンゴーシャーベットとフルーツを添えて、
コーヒー パン

をいただきました。
気持ちを落ち着ける為に白ワインを頂いたら、スーーっと気持ちが楽になってきました(アルコール依存症ではございませんので
料理長によるメニューの説明を上の空で聞き(すみまんせん料理長~)
休憩を挟んでいよいよトークショーの時間となりました・・・


「玉三郎ワールドへのいざない」@京都宝ケ池プリンスホテル 3 へ続く・・・



スポンサーサイト



ミンミン
玉三郎
0

comment
comment posting