FC2ブログ
 
澤瀉屋記事が二つ
本日の読売新聞に「澤瀉屋」の記事が二つ掲載されていました。

一つは、ただ今上演中である、スーパー喜劇「狸御殿」の記事。
「荒唐無稽な設定うまく定着」という見出しの記事で、
かなり好意的な内容です。
白黒の写真が使われていますが、きぬた姫(藤山直美さん)と雅楽平(市川猿弥さん)の『二人中乗り』の写真です。

楽しそう!!
確か、違う新聞では、右近さんと直美さんのカップルを
「きついカップル」と紹介されていました(笑)

我らが春猿さんの事は、
「織部の守り役の娘・九重役の市川春猿が"正統派"女形を貫き」と紹介。
チラシ通りの綺麗で可憐な春猿さんに期待大!です。


もう一つの記事は、梅原猛さん執筆の「時代の証言者」
スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」がどういう経緯で作られたかのお話しです。
今年5月に大阪で「ヤマトタケル」を観ましたが、その舞台の根っこのお話しを読めて嬉しかったです。

しかし、、、あの「ヤマトタケル」は猿之助丈に乗せられてを書き上げたんですね!
また機会があったら観てみたいな~。
スポンサーサイト



ミンミン
歌舞伎記事
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tamasaburouzukan.blog14.fc2.com/tb.php/23-959cc321
trackback