FC2ブログ
 
初瀬/豊寿丸蓮華糸恋曼荼羅 
「どうやったんけ~~?おもしぇかったけの~~??」
(注)↑「どうでしたか?面白かったですか?」と言ってます

ご覧になった方、感想をお待ちしてます!!

千穐楽!!「口上」があったそうですね。

ちっきしょ~~~!! (←お下品ですが、お許しを~)

行きたかった行きたかった行きたかった~~!!



あすかさんから舞台の感想を頂きました!
あすかさん!ありがとうございます(2007.3.9)

ふみさんより舞台の感想を頂きました!
ふみさん!ありがとうございます(2007.3.17)

とみさんより舞台の感想を頂きました!
とみさん!ありがとうございます(2007.3.21)
スポンサーサイト



ミンミン
玉三郎
14

comment
ただいま~~
ミンミンさん皆様こんばんは。

お待ちどうさま・・・です。早くに帰ってきていましたが、どんな風にレポートするのか考えていたらこんな時間になってしまいましたごめんなさいv-12

国立小劇場3月公演行って参りました。
なんだか興奮しすぎて・・・相変わらず訳わかんないうちに帰ってきたあすかですv-10v-12v-10

まず、今回は台本が販売されています。650円。プログラムは750円だったかな??玉さまの対談があったりかなり読み応えがあります。

では、本題へ・・・。内容は観てのお楽しみと言うことですが、あまり内容の知りたくない方がいらっしゃたらごめんなさい。なるべくあすかの感想だけレポしますe-68

まず、能舞台とも趣きの違うすっきりした舞台装置と照明が効果的な幕開き。

いわゆる黒御簾の下座音楽は使われていないのですが、この作品に使われている琵琶や、琴の音色がとてもしっくり(ぴったり)ときていました。
観終わると今日はお芝居をしっかり観たナァ~と思える何ともお腹いっぱいなv-522気分になってました。

最初はシンプルな舞台装置に少し驚きましたが、何分もしないうちに全く気にならなくなりました。(あとでプログラムを読み小劇場ならではの試みだと知ることになります。)

普段いかに沢山の大道具や装置の歌舞伎の舞台を観ているのかが再認識できたのでした。

しかしシンプルなだけに役者サンに魅力がなければこの舞台が成立しないという気がしていました。
玉さまの役者としてや演出家としての自信と経験そして常にあたらしい試みへのチャレンジ心がそして初日の緊張感が幕開きから伝わってきました。

この作品はとてもしっかりした筋のお話でとてもわかりやすかったです。作者の方の伝えたい気持ちがこめられている感じで・・・。

記者会見のときに玉さまがおっしゃっていたような気がするのですが、何か現代にも通じる話のような感じがします。

そして、ドロドロしてまたウルウルしてしまうシーンが次から次へと続くのに観終わったときに清清しい気持ちになれるところが素晴らしいのです・・・v-354

もちろん、あすかは玉さまのファンなので玉さまの中将姫の美しさにウワァ~っと感嘆のため息をもらしているのですけれど初瀬の聡明な美しさもさることながら初瀬の心の清らかさに何か普段忘れているものを思い出させてくれる気もしました。

姉を慕う弟、近親相姦がテーマのドロドロしたお話でしたらどうしようかと思っていたのですが、そんな事はなくて弟が姉を慕う気持ち、ある種の憧憬であると玉さまもプログラムのなかでおっしゃっていました。

でも、豊寿丸の憧れではちょっと片付けられないくらいの勢いで初瀬が襲われるのには、やはり・・・芝居に観客を引き込む演出だからなのかしらね~と思ったりしてしまいましたv-8

あすかは前の方の席だったのですがそれにしましても舞台が近く余計に迫力が感じられました。

そして歌舞伎にはめずらしく?フットライトが使われていなかった為に役者サンの足元まですべて拝見できましたヨ。

初瀬がいじめられるところでは、かつて拝見した妹背山のお三輪を思い起こさせました。右近さん演じる義母がかなり初瀬をいたぶってしまうからなのです・・・かわいそうで・・・あすかはウルウルしっぱなしでした。檜扇でぶったりv-12髪をワシヅカミにするシーンは迫真で息をのみました。沢山の人が殺されるシーンは毎日私たちが目にしている現代社会の殺伐としたニュースとオーバーラップしてくるようでしたし・・・。

いつもなら楽しいだけの舞台も今回はあすかにっとって色々考える機会にもなりました。

にしても・・・色々書いたんですけど玉さまはやはりお綺麗です!!!

王朝もののこんなに似合う女形はやはり玉さましかいらっしゃらないのでは・・・。

あまり詳しくないのだけれど、十二単のようなお衣裳はとてもお綺麗でしたし。

そして、忘れてはいけないのが幕間の玉さまインタビュー。これを聞きたいが為に借りましたよ~イヤホンガイドをv-8

開演前は猿之助一門の方が日替わりでインタビュー放送です。今日は右近さんと段治郎サンでした。

個人的には春猿さんの日にも聞いてみたかったです。

1時開演だと3時半すぎに終わりデス。

カーテンコールもありますよ~。

今日はカーテンコール時、玉さまもかなり緊張なさってました。
最後にすこしほっとしてにっこりなさってたのであすかはとても嬉しかったです・・・。

以上・・・あまりうまくお伝えできてませんけど、舞台で皆様ご覧下さい~。

では・・・あすかがお伝えいたしました。

2007/03/09 22:57 | | edit posted by あすか
は、早く観たいです
あすかさん、
早速のレポありがとうございますv-10
今までにない演出のようですね。
とっても楽しみです。
はぁ、2週間待つのが辛い。。。v-406
桜前線にのって、早くお江戸へ行きたいv-252
2007/03/09 23:25 | | edit posted by 百合
もっとよくなりますよ~
百合さんがご覧になる頃はきっと、もっと素晴らしくなっているはずです。

右近さんはインタビューで、『この新作歌舞伎がいつか古典歌舞伎となっていくかもしれない。』

『そんな作品の初演に参加できて嬉しい』というようなことをおっしゃっていました。

どんどん上演回数を重ねてすばらしくなっていくと思いますv-10
2007/03/09 23:34 | | edit posted by あすか
★あすかさん。
あすかさん、ありがとう~~!!
伝わってきますよ、あすかさんの感動が。
かなりすっきりした舞台装置だとは聞いていましたが、それだけ役者の演技が前面に出る舞台なんでしょうね。
舞台に立つ方達にはある意味怖い事だと思います。

正直、まだお江戸まで行く気力や体力が戻ってきていません。
でも、、、頑張るぞ~~v-91
2007/03/09 23:47 | | edit posted by ミンミン
わくわく
あすかさん
初日のご報告 ありがとう!
蓮絲恋慕曼荼羅 早く観たいわ~

>『この新作歌舞伎がいつか古典歌舞伎となっていくかもしれない。』

小劇場だけでなく、大劇場で再演されるかもしれませんねv-237


10日後の観劇が楽しみです。
2007/03/10 00:57 | | edit posted by 智英
當麻寺に行ってきました。
本当は国立の初日前に行きたかったのですが、なかなか予定がとれず今日、奈良県葛城市にある當麻寺にお参りに行ってきました。

どうしても公演の成功祈願がしたかったのです。
チケット完売だし問題は何もないのでしょうけれど無事千秋楽まで終わりますように・・・v-290

それと當麻曼荼羅の実物が拝見したかったので・・・v-286

国宝の天平時代につくられた曼荼羅堂というところに文亀曼荼羅がおまつりしてあります。

昨日の今日で色々物語を思い浮かべながら見れて面白かったです。

機会があれば是非行ってみてください。
お寺の住職さんには、平日にお越しください。そうすれば色んなお話してあげますよ~と言っていただきました。昨日東京で公演を観てそして来ましたと言ったらすこしびっくりなさってましたけれど。


2007/03/10 20:58 | | edit posted by あすか
はじめましてm__m
素敵なHPですね!
コメントをさせていただきます^^
15日に見てまいりました。すごく素敵な舞台でした!
ここ1月程で急激にファンになってしまったので、あんまり上手いこと書けないですけど・・・
また、遊びにきまぁす。
2007/03/17 20:05 | | edit posted by ふみ
★ふみさん。
初めまして!コメントありがとうございます!!

>ここ1月程で急激にファンになってしまったので

ま~~v-10
これからいい意味で「底なし沼状態」になりますよ~v-8
玉様の舞台は、観れば観るほど、知れば知るほど夢中になりますもんね。
また遊びにきてくださいませv-290

2007/03/17 22:54 | | edit posted by ミンミン
拝見してきました。
>ミンミンさま
ご無沙汰しています。風知草のとみです。17日に唯一度の観劇を済ませ,本日,当麻寺と誕生寺に行って参りました。感想は,戯曲についてさっくりメの感想書きました。
あー綺麗だった。妄想で夢見が良いです。
2007/03/21 19:22 | | edit posted by とみ
★とみさん。
さっそく感想を読ませていただきました。
私は観る事が出来ないので、想像するしかないのですが、玉様入魂の舞台のようですね(どの舞台もそうですが)
必ず再演していただきたいです!!
2007/03/22 19:43 | | edit posted by ミンミン
千穐楽口上
東京国立劇場3月公演の千穐楽では、カーテンコールの最後に玉三郎さんの口上がありました。
予期せぬ事態に完全に舞い上がってしまいました。
帰りはかなりぼーっv-10として地下鉄の乗り換えを2回も間違ってしまう程でしたv-12

3日たってすっかり平常心にもどったので、思い出しながら玉三郎さんの口上をリポートさせていただきま~す。

ミンミンさん遅くなってごめんなさい・・・v-290

玉さま・・・少し口上にあたり緊張なさっていたようです。
間違っているかもしれないけどあすかが書きとめて覚えている感じでは下記のとおりです。

玉さま口上

皆様本日は誠にありがとう存じました。

昨年の9月から続いておりました国立劇場創立40周年記念の公演は本日の『蓮絲恋慕曼荼羅』の千穐楽をもちまして40周年記念の無事の千穐楽とさせて頂きました事、誠にありがたくお礼申し上げる次第でございます。

国立劇場が出来ましてから40年と申しますが、私どもにとりましては誠に早かった様な気が致します。
国立劇場その当時大劇場では、復活狂言、通し狂言ということを大きな柱としてお仕事をさせて頂きましたが、10代後半から20代にかけまして大変大きなお役に抜擢していただきました。

当時復活と申しましても40年50年あるいは100年以上もでておりませんお芝居がございましたので、復活というよりほとんど創作と言うほどのお稽古場でございましてそこに私同席させて頂きましたことが今日このような共演に本当に良い勉強になったとありがたく存じている次第でございます。
又、小劇場におきましては夏の期間に各座、若手が集まりまして勉強会の機会を設けさせていただきました事も誠に大きなお仕事でございました。
又その公演では盟三五大切(かみかけてさん
ごたいせつ・1976年上演・小万役)、桑名屋徳蔵(くわなやとくぞう・1977年8月上演・桑名屋徳蔵入船物語・桧垣、小汐役)など新しく、若いながらもがむしゃらについて参りましたお芝居なども大変思い出に深く残っております。

そして今日こうして同席しております中に、私ども数名は子供の頃から歌舞伎の世界におりますが、国立劇場が長年力を尽くして参りました歌舞伎俳優養成という機関がございましてそこの卒業生が沢山こうして同席できましてこの40周年の末日にこの出し物で同席させていただきますと言うことが、深い縁を感じている次第でございます。


又この継承歌舞伎は今回で9回目だそうでございますが、この後ともにこの国立劇場40周年と申しましても、歌舞伎の300年400年の歴史から申しますればまだまだこの先も発展し、継承していかなければならないと存じております。

又歌舞伎俳優と致しましては歌舞伎座や、国立劇場など自分が舞台に立ちまする発表の場所がこうしてありますということは、おしなべて考えますと誠にありがたいことなんでございます。

その場所に立たせていただいて今後益々勉強させていただきます。

歌舞伎俳優一同、おもだか屋の皆さん、私も含めて、皆様この後ともにご贔屓お引き立ての程をひとえにお願い申し上げる次第にござりまする・・・。


以上で~す。
2007/03/28 21:24 | | edit posted by あすか
★あすかさん。
ありがとう!ありがと~~う!!
聞きたかったな~。観たかったな~。

>その場所に立たせていただいて今後益々勉強させていただきます。

この言葉嬉しいですv-290
今後、また色々な舞台を私たちに見せてくださるのでしょうね!
楽しみですv-343

2007/03/28 23:10 | | edit posted by ミンミン
ミンミンさん
お江戸にいらっしゃれなくて、
残念でしたv-409
今、桜も満開になり、先日の千秋楽の余韻に
浸っております。
しかし、素敵な余韻に浸っているのは、観客である私達ばかりで、次から次へと舞台を
こなしていらっしゃる役者さん達は、そに時間もないでしょうね。

しかも、あのさっさと物事を片付けていかれる玉様(本当に、素早くて驚きv-12)もう次の南座の準備を着々と整えつつ、
つかの間の休暇を取られていらっしゃるのでしょうね。

千秋楽のご様子は、あすかさんの素晴らしいレポ(口上部分は、特に完璧です。)
2007/03/30 11:08 | | edit posted by さぶろううさぎ
★さぶろううさぎさん。
本当に残念でした~v-406

今朝のテレビに東京の千鳥ケ淵の桜が移りましたが、本当に綺麗ですねv-252
玉様もご覧になったのでしょうか?

5月公演に向けて体力を付けていますv-91
2007/03/31 20:54 | | edit posted by ミンミン
comment posting