FC2ブログ
 
第34回 俳優祭(1) 『模擬店でモミクチャでワヤクチャ!!』
h200705261551000.jpg



前日までの天気予報では東京は雨が降る予報でしたが、当日は快晴とても気持ちが良かったです。
東京駅に到着して、百合さんと合流し、まず向かったのが東京ミッドタウン。
玉様が出演した「ボクらの時代」のオープニングで、椎名さんとわざとらしく出会った場所ですよね

「まずはぼくが雑踏のなかで玉三郎さんを待っていて、わざとらしく初めて会ったみたいにして「やあ」などといいながら二人でよもやま話しをしつつ篠山さんのオフィスを訪ねる、という段取りだった」「週刊文春5/3・10 ゴールデンウィーク特大号 『風まかせ赤マント』」より引用

「ここかな?いや違うかな~~」などと言いながら散策しました。
家に帰ってきてから「ボクらの時代」をチェックしましたが、ここだ!と思っていた場所とは違ってましたよ~百合さん。
でも、その映像の中にもポスターが映っていましたが、
「日本を祝う」@サントリー美術館
に食事を済ませてから行ってきました。
その絵を見た途端、、、「あ!!阿国さんだ!!!」
展示物の中に「阿国歌舞妓図屏風」がありました。
京都以来の『再会』です。

展示会場を回っていると、昼公演を観たあすかさんから、
「早めに来て金券を購入したほうがいいよ」とメールをいただきました。
「金券とは何ぞや!?」
それからは気もそぞろで展示場を回り、イザ!!歌舞伎座へ

「とにかく模擬店が大変!」
「写真も撮れるよ」
「玉さんが~~~
と話しをしているとようやく開場になりました。
いつもの公演とは様子が違って、もう皆さん我先に!と歌舞伎座の中に吸い込まれていきました。
テンションも上がる上がる
パンフレットを買って自分の席に。2階席だったのですが、思ったよりも舞台全体がよく見渡せ、人の頭にも邪魔されずに観る事ができました。

まずは、実行委員長の坂東三津五郎さんのご挨拶。
それから、
一、郷土巡旅情面影
  加賀「勧進帳」
  肥後「山鹿灯篭踊」
  阿波「阿波踊」
実行委員長の三津五郎さんが企画構成をされていたからか、途中、お着物からTシャツに着替えて、2階席下手の写真を取る場所に来られて、舞台をジジジ~~~っとご覧になっていました。
テレビ放送される時に、この部分も放映されるかは分かりませんが、
「阿波踊」には沢山の役者さん達が出演されていました。


そして!!いよいよお待ちかねの「模擬店」です。
購入したパンフレットに、誰が何処に出店しているかという案内図が入っているので、お目当ての所に全員がダッシュ
約1時間の「模擬店」でしたが、こんなに歌舞伎座の中を走ったのは初めてです。
今、その案内図を見ながらアップしてますけど、全部は見られなかったんだな~~残念!

劇場を出ると直ぐに目に入ってきたのは、サルの着ぐるみ姿で客寄せをしていた右近さん
似合いすぎ!!!違和感なし!!!
とにかく、右近さん、猿弥さん、弘太郎さん達がいた「祭Tシャツ・巾着売場」は賑やかでした。
お客さんもガンガン写真を撮っていましたし、役者の皆さんもポーズを取ったりして大盛り上がりです。

「春猿さん、段治郎さん達は写真がNGみたいよ」
と聞いていたのですが、三階のBARに行くと、女形姿(阿波踊りの衣装)の春猿さんが目に飛び込んできました。
「わ~~~~本物だ~~」と思う傍で、他の方達がパシャパシャと写真を撮っているので、私もパチリ!と1枚撮りました。
春猿さんに金券を渡して、飲み物を注文をすると、BARの中にいる段治郎さん達が飲み物を作って、そして春猿さんが渡してくれるという段取りです。
「どうしようかな~~緊張するな~。でも喉が渇いたし。。。よし!」
と、春猿さんの前へ。

ミンミン「う、ウーロン茶、下さい」
春猿さん「はい、ウーロン茶ね。お一つでいいの?」
ミンミン「はい、一つで。」
春猿さん「ウーロン茶、一つお願いします~~。はいどうぞ~。」
あ~~~緊張した。

暫く、春猿さん達の様子を見てから移動。
とにかく動かないと!!
何処を、どうやって回ったのか順番は覚えていませんが、
一階のドリンクコーナーの中でお酒を売っていた愛之助さんを横目に、西側ロビーにいる仁左衛門さんがいらっしゃる「祭Tシャツ・巾着」売場へ。
とにかく凄かったです、この売場は。
押すな!押すな!!の大騒ぎ。
仁左衛門さんは殺到するお客さんんお一人、お一人から注文を聞き、商品を渡していらっしゃいました。
あまりの人にまったく近づく事が出来ませんでしたが、ここでも写真を何枚かパチリ
ただ、お客さんの対応をする仁左衛門さんの動きが早くて、ブレた写真ばかりになってしまいました。
とにかく凄い人気です。素敵だったな~~
途中、お孫さんかな?
可愛らしい男の子が机に上に乗って、呼び込みをしてましたよ。
「いくらするの~~それ?」と聞くお客さんに、真剣な表情で値段を言ってました。

正面入口を入った所で、菊之助さんが「祭エコバック」を売っていたのですが、ここも凄い人、人、人!!
昼公演でも、あっという間に売り切れたそうですが、エコバックを買う人、少しでも菊之助さんに近づこうとする人、写真を撮る人で大騒ぎ。
私も1枚撮りたい!!と思ったのですが、人が邪魔をして一枚も撮れず
でも、お弟子さん達の「写真を撮るなら、買ってくださ~~い!!」には笑ってしまいました。
結局、チラッとしか姿を見ることが出来なかったけど、上品なお顔立ちですね~。

途中、館内であすかさんに会うと「海老蔵さんから、から揚げ買ったよ」と言われたので、よし!私も!!と地下食堂へ。
凄い人だろうな~~と、売場に近づくと。。。何だか様子が変!?
から揚げが入った紙コップがのったテーブルの向こうに海老蔵さんが立っているのですが、誰もから揚げを買う様子無し。
「あれ??まだあんなにあるのに。。。」と思って視線を少し左に移すと、カメラや携帯を持った人の壁が!!
つまり、もう既にから揚げを買った人や、とにかく海老蔵さんが見たい!傍に居たいという人の壁が出来ていたんです。
「あらま~~~、凄い事になっているな~」と呑気に思っていたら、
売場にいた補助の女性に背中を押されて、
「さ、さ、買っていって下さいね~~」と海老蔵さんの前に押し出されてしまいました。
「えええええ~~~!!」と思う間もなく海老蔵さんの前に!
金券を渡すと、「はい、どうぞ」と紙コップを渡されました。
特にニコニコしているわけでも無いのですが、あれほどの熱視線を浴びているせいか、もしかして少しアルコールも入っていたのか、なんだかとぼけたような表情をした海老蔵さんでした。
せっかくだからと、2枚写真をパチリ
腰に手をあてて、右手に紙コップ。
「駅のホームで牛乳を飲むお父さん」スタイルの海老蔵を撮ることが出来ました

一階の筋書き売場には、着物姿の笑三郎さんと笑也さんが「かぶき手帖」を売っていました。
京都公演の笑三郎さん、とっても素敵でしたよね。
綺麗に化粧をした笑三郎さんと笑也さんですが、近くで拝見しても本当にお綺麗でした。
とにかく、笑三郎さんが一生懸命、手帖を売っていらっしゃたのが印象的でした。
「この方は、根っからの真面目人間だな~~」と思いました。
結局、手帖は買わなかったけど、笑三郎さんの写真を1枚パチリ!お客さんに対応している写真ですが、とっても優しい表情をされてます。

三階に上がって、グルグル~と回っていると、勘太郎・七之助君達がいる「祭Tシャツ・エコバック」売場を発見。
先日の「ダウンタウンDX」での勘太郎君発言。
「凄く恋をするタイプ」を思い出して、
「へ~~~~そうなんだ~~!」とニヤニヤ~
直接、本人達から買いたかったのですが、ここも人の壁、カメラの壁が出来ていて近づけず。。。他の方からエコバックを買いました。
記念にと横から中村兄弟の写真をパチリ
勘太郎君はおしゃれは眼鏡姿でした。

二階に薪車さんがいらっしゃると聞いていたのですが、場所が分からずかなりグルグル~としていたのですが、「ほうおう」の中にいらっしゃいました。
薪車さんも「阿波踊」の『男連』として舞台で出ていらっしゃったので、衣装のままでした。
薪車さんは顔が変わりましたよね~。
どんどん、男らしい表情になっていくな~この方は。
男前さんだから女性ファンも多いし、これからも増えていくのでしょうね。
真横から薪車さんおお写真をパチリ
結構、ユーモラスは写真が取れました。

回り方が下手なのか、残り時間もあと少し。
金券が500円分残っていたので、どうしようか~~と迷った挙句、
愛之助さんがいらっしゃるドリンクコーナーへ。
何度も前を通りましたが、ここもずーーっと人だかりが出来ていました。
ちょっとアルコールを入れて、次の「白雪姫」に備えるか!?と、愛之助さんの前へ。
白のシャンパンを頂きました。
随分、温くなったシャンパンでしたが走り回って、渇いてしまった喉を潤してくれました。
アルコールばかりを売っていたので、勿論、未成年の子供は買うことが出来ません。
でも、愛之助んさんファンの男の子が、どうしても握手をしたかったのでしょう、売場の女性が、
「愛之助さん、握手だけお願いします~~」と言うと、
その男の子の手をガッチリと握って、
「また、絶対に観に来てくれよ!!」と声を掛けていました。
ラブリン!素敵~~

本当に、アッ!!と言う間の「模擬店」でした。
役者さん達とこんなに身近に接することが出来るなんて!
とても、とても楽しかったです。

「もしかしたら、、もしかするかも??」と思っていた、玉様の「模擬店」参加ですが、残念ながら無しでした。
もし、いらっしゃったら、ず~~っとそこから動かなかっただろうな~
隈取が一点出品されていましたよ。20万円で~~!
お若いときの写真もサインと額付きで出品されてました。

いよいよ、次は「表彰式」と「白雪姫」です。
アルコールも少し入って益々気分も高揚してきましたっ!!!




*撮影した写真は、今後もブログでアップする事はございません。
 ご了承くださいませ。
スポンサーサイト



ミンミン
玉三郎
0

comment
comment posting