FC2ブログ
 
「芸術祭十月大歌舞伎」演目発表
歌舞伎美人より抜粋(玉様のところだけね

平成19年10月2日(火)~26日(金)

kabukiza200710b_handbill.jpg



『昼の部』

三、「羽衣」

  天女:玉三郎
  伯竜:愛之助


『夜の部』

一、「通し狂言 怪談牡丹燈籠」

  伴蔵:仁左衛門
  お峰:玉三郎


歌舞伎美人


『歌舞伎名作事典』より抜粋

牡丹燈籠
【あらすじ】
旗本飯島平左衛門の愛妾お国が宮野辺源次郎と通じているのを知った若徒孝助は、源次郎を刺そうとして誤って平左衛門を刺してしまう。
飯島の娘お露は萩原新三郎に恋いこがれて死に、幽霊となって乳母お米の霊とともに毎夜牡丹燈籠をさげて新三郎の許を訪れる。
やがてお露が死霊であることを知った新三郎は、金無垢の海音如来と護符で身を守ろうとするが、萩原家の長屋に住む伴蔵が慾心深く、幽霊から百両もらって如来像をすりかえ、門口の護符をはがすので、新三郎は二人の霊にとり殺される。
伴蔵は百両をもとでに郷里栗橋宿で荒物屋を開く。一方、駆落ちしたお国・源次郎もここに来て住み、お国は酌婦となるが、伴蔵はこれに入れあげ、嫉妬する女房お峰を殺す。
だが、お峰の霊が下女にとりつき伴蔵の悪事を口走るので、遂に伴蔵は捕らえられ、お国と源次郎も碓氷峠で孝助の手で討たれる。



仁左衛門さんが凄そうだ



スポンサーサイト



ミンミン
玉三郎
3

comment
牡丹灯篭のあらすじ
ミンミンさま
ご無沙汰しました。
あらすじを有難うございました。v-237
私自身のブログに書きましたが、89年演舞場で観た孝・玉コンビの時は孝助という人物は記憶にないんです

善の孝助・悪の伴蔵の二役を演じるのが、本来の姿だというなは、知ってましたが、仁左さん伴蔵だけみたいですから、孝助・伴蔵二筋の話から成り立っているので、今回は伴蔵側だけかも・・・。

私が観たときは、玉さま、お露とお峰の二役だったのに~・・とブツブツ言ってる私で~す。v-397
2007/08/21 11:06 | | edit posted by みよ吉
★みよ吉さん
こちらこそご無沙汰しております。

>善の孝助・悪の伴蔵の二役を演じるのが、本来の姿

私が参考にした『歌舞伎名作事典』にもそう書かれていました。
今回は違うのでしょうかね??

玉三郎さんの役は幽霊なんですよね?
怖~~い!!役なんでしょうか?
玉三郎さんの怖い役を観るのは初めてなので楽しみです。
希望を言うなら玉三郎さんの「四谷怪談」が観たい!!です。


2007/08/21 23:07 | | edit posted by ミンミン@管理人
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/23 20:32 | | edit posted by
comment posting