FC2ブログ
 
「ボクらの時代」養老孟司×池田清彦×勝村政信
玉様も出演された、フジテレビ放送「ボクらの時代」

 「ボクらの時代」HP

日曜日の朝7時からの放送ですが、他では見られない人達の組み合わせのトーク番組ですし、まず、(下手な)司会者がいないのがいいですね

毎回出演者をチェックして、気になるゲストだと録画して見ているのですが、10月14日放送のゲストは、
解剖学者の養老孟司さん
生物学者の池田清彦さん
俳優の勝村政信さん

3人の共通点は虫が大好きって事。

虫好きの人の事を「虫屋」と呼ぶそうです。

じゃ~~~私は「玉屋ですね(え!?)

3人のお話しはとても楽しかったです。
虫を採っていて「熊に遭遇した話」や、「象に追いかけられた話」や、「崖にへばりついていた話」とか

一番印象に残った言葉が
「仕事は世の為、人の為にするんだよ。自分の為だったら虫採るよ」(By養老さん)です。


本当にそうだ!
私も「自分の為に玉三郎さんの舞台を観るよ」



スポンサーサイト



ミンミン
未分類
2

comment
私もこの番組観ておりました。
養老さんの話で「行動があって、その後脳が反応する」ということに非常に共鳴を受けました。

しかし、演技も歌も舞踊もそうなるにはいつも玉三郎さんが仰るように「何回も何回も練習しなければ、、、」なのですよね。

考える前に身体が、心がそのように動いていくということ。この自由を勝ち取るために毎日苦しんでいます。

私が牡丹燈籠を拝見した日は、椎名誠さんご夫妻が桟敷で観劇していらっしゃいました。

私事ですしこじつけみたいですが、次のLIVEで北原白秋の「牡丹」と言う歌を歌います。
2007/10/22 12:57 | | edit posted by 大島優美子
★大島さん
>考える前に身体が

そうですよね。何度も練習しているからこそなんですよね。
あの流れるような動きはいちいち考えながら踊っていては表現できないでしょうね。

>椎名誠さん
今回も歌舞伎座で桟敷を確認しましたが、私が行ったときにはいらっしゃいませんでしたv-8
でも、私の後ろの列に作家の夢枕獏さんがいらっしゃいましたよ。
獏さんも「玉様のおっかけ」なんですよね♪
2007/10/23 20:29 | | edit posted by ミンミン@管理人
comment posting