FC2ブログ
 
坂東玉三郎特別舞踏公演@浪切ホール
行ってきました。

「坂東玉三郎特別舞踏公演」

今年はこの浪切ホールで二度、玉三郎さんの公演があるので、思い切って「浪切友の会」に入会。
会員予約のおかげで、最前列で公演を見ることができました。

もう、、、感無量です。

「藤娘」
坂東玉三郎舞踏集は、1~5巻までは既に持っているのですが、「藤娘」が収録されている6巻をずっと買いそびれていたので、「藤娘」を観るのは今回が初めてです。
DVDを購入して視聴してから公演を観るか、公演を先に観るか、、、悩みましたが、やはり生で!という事で、初の「藤娘」観劇となりました。
テレビで放送された「古典芸能図鑑」の衣装の回に少し「藤娘」が流れたので、舞台もあの装置かと思っていたのですが、真っ暗闇からパッと照明がついて目に飛び込んできたのは、屏風を使った舞台装置でした。
パンフレットで玉三郎さんも、この装置のほうが色々な舞台に適応できると言っていますが、とても綺麗な舞台でした。

でも、それにも増して綺麗な玉三郎さん。
手を伸ばせば届きそうな所に、光り輝く玉三郎さんが。。。
なぜか玉三郎さんを舞台で拝見すると、内容関係なく涙が滲んできます。
あ~~、また玉三郎さんの舞台を見ることができた~~と感動してしまうのです。
パンフレットの中のインタビューでも、「、、、やっぱりこうして各地を巡るということは必要なんだな、と実感します。」と答えていらっしゃいましたが、玉三郎さんご本人は大変でいらっしゃるでしょうが、また巡業公演をしていただきたいです。

上手、下手、中央でお辞儀をする場面では拍手喝采!
どうしてあんなに可愛らしいのでしょうか?
一度引っ込んでから、屏風の陰からチョコンと顔を出す場面も。。。
「可愛い~~~~」とため息を漏らしてしまいました。
衣装も「古典芸能図鑑」で説明されていた衣装で、どれも全部素敵でした。
幕が下りた後、隣の年配の女性が、「顔も、手も、何もかも綺麗ね~~」とため息を漏らしていました。
もう!本当に納得です。


「鷺娘」
これはDVDで視聴済みですが、生の舞台は初めてです。
この浪切ホールは、照明が消えると本当の真っ暗闇になります。
その暗闇の中に、うっすらと浮かびあがる娘。
最前列だったからなのか、綿帽子の中の玉三郎さんの美しい表情をじっくり見ることができました。
あまり表情が無く、むしろ無表情だったので、引き抜きの後の晴れやかな顔が、、、もうため息ものです。
引き抜きの場面も間近で見ることができましたが、後見の方たちの真剣な表情!もう背筋が伸びるようでした。
引き抜いた後に、衣装をグッと抱き寄せるようにして後ろを向きしばしそのままで停止。
息が合っていなくては出来ない事ですよね。
最後、雪が降りしきる場面。。。
もう、、、あまりにも舞台が近いせいか、一緒に舞台の上にいるかのような錯覚を覚えました。
胸を締め付けられるような場面。。。本当に素晴らしかったです。

巡業ではカーテンコールがあるという事で大変楽しみにしていました。
一度幕が上がると鷺娘が倒れた姿そのままで。
二度目に照明がつくと、正座をした玉三郎さんが!
表情もよ~く見えました!
最初、うつむいていらっしゃったのですが、その顔がちょっと放心したような、乱れた息を静めているような、、、そんな表情でした。
今、思い返しても玉三郎さんのあの表情が忘れられません。

手がどうにかなってしまうほど拍手をしてきました。
もう感無量です。
思わず隣の女性に「綺麗でしたね~~!」と声を掛けたところ、
うんうん!と頷きながら「うわ~~頭にたくさん紙ふぶきが!」と言われました。
本当に幻想的な舞台でした。

幕が閉まった後に、記念にと紙ふぶきをパンフレットの袋の中に少しづつ入れていると、あるおば様に声を掛けられました。
「ま~~~柔らかい紙を使っているのね!これ記念に持って帰るわ~」と大量の紙ふぶきを掴んでいらっしゃいました(笑)
どうするんだろ~~??あの大量の紙ふぶき(爆)

二週間後には同じホールで「言の葉コンサート」があります。
どんな舞台になるのか想像できませんが、また玉三郎さんに会えるのかと思うと、、、嬉しやな~~です!
その前に、ずっと借りっぱなしになっている「天守物語」を読まなくては!

追記:会場に入った途端、目に飛び込んできたのが篠山紀信さんのお姿。どんな素敵な写真を撮られたのでしょうか?
テレビカメラも入っていたので放送もありなのかな??
スポンサーサイト



ミンミン
玉三郎
2 0

comment
コメントありがとうございました。
頑張らないように頑張ります。自滅タイプなんです(泣)

鷺娘では、雪がたくさん降ってきたでしょう。
いいなぁ、最前列はその楽しみがありますよね。

ちなみに、私も雪を採取してきました。
今はガラス瓶にいれてあります。
ほんと、これどうすればいいんでしょうね・・・・
テレビはNHKが入っていたらしいですね。
放映されるのか、なにかの番組でつかうのか。
楽しみ。

言の葉コンサートは静岡に行くつもりです。
やけになっているので、年度末最終日でも休んでやるっ!
2006/03/16 21:36 | | edit posted by まこ
まこさん。
頑張らないように、頑張ってください!

あそこまで雪が降るとは思っていなかったので、とても不思議な気分でした。
帰宅後ジャケットを脱いだら、あの雪がヒラリと落ちてきて、、、なんだか嬉しかったです。
我が家はスカパー110には加入しているのですが、スカパーは見られないので歌舞伎チャンネルが見られないんですよね~。
だから、NHKで放送してくれたら嬉しいな~。
舞台中も紀信さんがシャッターを切る音が聞こえました。「和楽」でもしかしたら見られるかも?ですね。
二週間後には「言の葉コンサート」!!
こんなに間をあけずに玉三郎さんに会えるなんて本当に嬉しいです!!
2006/03/16 23:32 | | edit posted by ミンミン
comment posting














 

trackback URL
http://tamasaburouzukan.blog14.fc2.com/tb.php/40-1b64a71d
trackback