FC2ブログ
 
言の葉コンサート 坂東玉三郎が語る「天守物語」
言の葉コンサートに行ってきました。
会場は舞踏公演も行われた、大阪・「浪切ホール」

2時30分に開場だったのですが、夕方かと思うほどの空模様。
全国的にお天気の良くない日ではありましたが、傘を使うこともなく会場に辿り着く事が出来たのに、俄かに空模様が荒れてきたので、これから始まる「天守物語」の朗読劇にぴったりだと思いながら会場に入りました。

玉三郎さん、出ずっぱりの2時間15分!
「ちくま文学全集」に収められている「天守物語」は57ページ。
黙読ならばそんなに時間のかかる作品ではありませんが、ト書き、台詞すべてを一人で朗読するにはやはりこれだけの時間がかかるのでしょうね。
富姫は圧巻だったし、亀姫は可憐だったし、舞台では絶対演じる事のない図書之助は素敵だったし、朱の盤坊や下長姥もどこかユーモラス。
ご本人も「つっかえた所があったりしてご免なさい」なんて言っていましたが、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

朗読が終わり、玉三郎さんのご挨拶の中で、
「失礼ながら、こういう機会を持ち自分も勉強させていただきました」とありました。
今いる場所に安住するのではなく、色々なことに挑戦する玉三郎さんに益々惚れてしまいました。


素顔の玉三郎さんも素敵ですよね~~!
正直、心の中では「キャ~~~」の連続でした(笑)
スポンサーサイト



ミンミン
玉三郎
2 0

comment
舞台の人も、観客さんも
みんな得るものあるといいですね。
2006/04/03 12:59 | | edit posted by BENELOP BLOG
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/08 00:14 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://tamasaburouzukan.blog14.fc2.com/tb.php/44-fedb82c9
trackback