FC2ブログ
 
「日本の染織 10 歌舞伎衣装」
最近見つけた歌舞伎関係の本です。

「日本の染職 10 歌舞伎衣裳」

何気なく手に取ったのですが、歌舞伎の衣裳が

1、歌舞伎十八番
2、時代物
3、世話物
4、所作事      (目次より)

の順で紹介されています。

玉三郎さんのお写真も何枚か使用されていますが、
「桜姫」の玉様、
「お染と久松」の玉様、
「京鹿子娘道成寺」の玉様、←「道成寺づくし」として見開きで特集のページあり。
「積恋雪関扉」の玉様。

など、どれもお綺麗な写真ばかりです。

なかでも「古典芸能図鑑 衣装」でも紹介されていた、
「伽羅先代萩」の政岡の衣裳はため息がでるほど綺麗です。
昨年の松竹座の公演でこの衣裳を見た時は
「あ、番組で紹介されていた衣裳だ!」と拝見しながら興奮してしまいました。

刺繍も凝っていて、かなり派手な衣裳もありますが(だから、舞台で映えるんですよね)、
「粋だな~」と思ったのが、
「助六由縁江戸桜」の助六の衣裳!
黒に映える赤と白の分量が素晴らしいです。(上手く表現できない~~!)

じっくり読みたい、拝見したい本です。
スポンサーサイト



ミンミン
歌舞伎本
0

comment
comment posting