FC2ブログ
 
番外編 「中村勘三郎襲名披露 七月大歌舞伎」
今年3月から始まった「十八代目 中村勘三郎襲名披露公演」
3、4、5月と、玉三郎丈との共演もあり、どれだけ東京まで足を運ぼうか迷いましたが、公演料、運賃、宿泊料などを考えると、、、二の足を踏んでしまいました。

ならば、7月の大阪公演にはぜひ!と思い、大阪在住の妹に頼みチケットを取ってもらいました。
妹によれば、かなりのプレミアチケットらしく取得に苦労したとの事。
本当にありがとうね!

また、今回の大阪行きは5月の「母の日」と8月の「母の誕生日」も兼ねた小旅行でもあります。
テレビで見た勘三郎丈の舞台を「これなら見てみたい」と言うので、妹と相談し今回の大阪行きになりました。

ですが、、、いざチケットが取れそうだ、という段階になると
「3時間も椅子に座っていられん」だの、
「大阪は暑そうや~」だの、文句を言い出す始末。
『。。。また始まった』と思いましたが、
「いい?こんなチケット中々取れないよ!観ないと損するよ~!」
と母を説得し(本当は自分が一番見たかった!)ようやく当日を迎えました。

そんな、文句を言っていた母が、舞台初体験の母が、
「こんないい舞台が見られたなんて!本当に楽しかった!」と何度も口にするぐらい、素晴らしい舞台でした。

勘三郎丈の持つ、あの魅力、あの愛嬌は、どんな言葉を行使しても言いつくせるものではありません。

夜の部では、
「宮島のだんまり」
「大津絵道成寺」
「野田版 研辰の討たれ」
の三演目。

最初が「だんまり」で最後が台詞の洪水のような演目「研辰の討たれ」だなんて、なんて粋な構成なんでしょうね。

特に「研辰の討たれ」では、舞台と観客が一体になった感じを受けました。
勘三郎丈や他の役者が発するほとばしるような台詞の洪水に、溺れぬよう、見失わないように必死に見ました。
しかし、膨大な台詞なのに頭の中にまるでスポンジが水を吸い上げるように入ってくるのです。
そんな自分に驚き、また、この舞台の脚本を書いた野田秀樹さんの恐るべき才能を垣間見たような気になりました。

先に書きましたが、勘三郎丈のあの愛嬌はどこからくるのでしょう?
今年50歳を迎えた方に失礼かもしれませんが、観劇中ずっと
「なんて愛らしい人なんだろう」と思いながら観劇していました。

拗ねてみたり、女の人のお尻を追いかけたり、機嫌をとる為に阿ってみたり、、、勘三郎丈の仕草一つ一つが、観客の笑いを引き出し、涙を引き出し、同情を引き出し、、、完全に心を掴まれてしまいました。

あれだけ笑いに満ちた歌舞伎を観たのは初めてです。
でも、「昔の歌舞伎ってもしかして、こんな感じだったのでは?」という思いもしました。
今でこそ、「歌舞伎を観る」なんて、ちょっと気取った感じがしますが、江戸時代には今回のように、大声で笑い、手を叩き、涙を流し、、、そんな舞台観劇だったのではなかったのか?と思いました。

最後、、、一枚の紅葉がヒラヒラと舞いながら、辰次の体に舞い落ちた時、劇場の観客の全ての目は勘三郎丈に注がれていたと思います。
息をするのも辛いくらい、静かで、そして壮絶な最後の場面でした。

幕が引かれ、鳴り止まない観客の拍手に、また幕が開き出演者が出てきた時の感動!
歌舞伎ではカーテンコールは無いと聞いた事がありますが、2度もカーテンコールがありました。
2度目には、少し感極まった勘三郎丈の挨拶も聞けて、
本当に!本当に!大満足の舞台でした。

玉三郎さん、勘三郎さん、こんなに素晴らしい役者と同じ時代に生まれた事を嬉しく思います。

スポンサーサイト



ミンミン
歌舞伎観劇
2 0

comment
大阪の方が近いのですね。
いいですね、あの玉三郎さんが、「評判がよくてくやしい」といった勘三郎丈の藤娘がみたかったので、できれば大阪に遠征したかったけれど、遠征貧乏になりそうなのでやめました。
研辰は勘三郎丈のエネルギーがすごいですよね。あんなに観客と舞台が同じ呼吸をしているかのような感覚は忘れられないです。
2005/07/26 21:39 | | edit posted by まこ
まこさん。
こんばんは。
>あの玉三郎さんが、「評判よくてくやしい」といった。。。

言ってましたね。で、言われた勘三郎さんが驚いた(笑)という。
夜の部を観劇したので、藤娘は見られなかったのですが、「研辰」は本当に素晴らしかったです。
9月の博多座も見たいですが、、、遠い!ですね~。
2005/07/26 22:44 | | edit posted by ミンミン
comment posting














 

trackback URL
http://tamasaburouzukan.blog14.fc2.com/tb.php/7-9774deb6
trackback