FC2ブログ
 
摩多羅神の贅
本の紹介。

03040961.jpg



玉三郎さんについて書かれた著書は数あれど、
この本を手に取ったときは、少し驚きました。

この著書を読むまで、玉三郎さんと夢枕獏さんがこんなにお仕事で、近しい関係だとは思っていませんでした。

しかし、「坂東玉三郎舞踏集 3」に収録されている
「楊貴妃」は夢枕獏さんの書き下ろし作品なのですね。
う~~ん、、、勉強不足でした。

この著書では、玉三郎さんとの出会いから、「三國傳來玄象譚」の事、
「楊貴妃」のこと、玉三郎さんの舞台の事など、、、
かなり「熱く」書かれています。

この本のカバーの絵を手がけた天野喜孝さんと、
玉三郎さんの「おっかけ」もしているそうです(笑)



玉三郎さんの事って、何故か「熱く」語りたくなるんですよね。



スポンサーサイト



ミンミン
歌舞伎本
0

comment
comment posting